『優れた人格思想』を学び、1世紀を超えて愛され繁栄し続ける
『賢者ビジネス』を作りたい人の為の
仏教経営学Acamdemyの飯田隆史です。

 

 

どうすれば儲かるんですか?

 

 

多くの人が知りたいことではないでしょうか。

 

 

儲かる秘訣を教えられた、こんな話がインドに

伝えられています。

 

 

ある国の王様が秘密の地下室を作らせました。

 

ところが地下室が完成すると、

王様は口封じとして、

地下室造成に関わった家臣を殺そうとしました。

 

そこである一人の家臣が、

絶対に地下室があることを漏らさないから

命だけは助けてほしいと王様に懇願しました。


その家臣の言葉を信じた王様は、殺すのを止め、

絶対に秘密を守ることを約束しました。

 

しかし、誰も知らないことを

自分だけが知っていると話したくなるもので、

初めは固く約束を守っていた家臣でしたが

時が経つにつれ、言いたくて仕方なくなってきました。

 

 

そこで家臣は、

誰もいない山奥深く出掛けていき、

洞窟に向かって大声で叫んだ。

 


「俺は王の秘密の地下室を知っている!」


しばらくすると、

その洞窟の中から、大きな木が生えてきました。

 

王様は、その木を使って地下室で休むためのベッドを作らせました。

 


ある夜、王様がそのベッドで休んでいると、声が聞こえてきたのです。


「俺は王の秘密の地下室を知っている!」


よく聞いてみると、

あの家臣の声ではありませんか。。

 


激怒した王様は、すぐにその家臣を殺してしまいました。

・・

 

 

お釈迦様は、六度万行(6つの善い行い)の一つに

持戒(約束を守ること)の大切さを教えておられます。

 

約束を守るのは大変なことですが、

守ってこそ信用が得られるのですね。

 

「儲け」という字は、

「信用ある者へ」と書きます。

 

信用のある人間になれるよう努力したいですね。