『優れた人格思想』を学び、1世紀を超えて愛され繁栄し続ける
『賢者ビジネス』を作りたい人の為の
仏教経営学Acamdemyの飯田隆史です。

 

旧年はお世話になりました!

今年もよろしくお願いいたします。

 

以前、私の先生から「しあわせ」に 

なるにはどうすればいいか、

教えて頂いたことを皆さんにも紹介しますね。 

 

 

どうしたら幸せになれるのか? 

 

すべての人は、このことを考えて生きていると言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

先生から教えていただいた答えは

 

人に「与えること」だけ考えろ。

 

という回答でした。

 

 

 

頭の中、与えることだけ。 

取ろうとか、そんな事を考えない。 

与える事だけ。 

 

 

お金のある人は、お金を施す。 

物を持っている人は、物を施す。 

 

体力のある人は、労力を。

 

お金や物がない人であれば

常に笑顔を施す。 

優しい言葉をかける。 

 

 

取る事を考えない。 

常に布施の精神を持つ。 

 

笑顔とか言葉とか、あげることだけ考える。 

そうすれば、必ず幸せになれる。 

 

 

食べ物でも与える。 

腹がへった時に与えるというのは、

なかなか出来ないが、 

常に与えることだけ考える。 

 

 

与えたら自分のものが減るじゃないかと思う。 

理屈はそうだが、実はそうではない。 

必ず自分にかえってくる。 

 

 


仏教では、このことを

自利利他と教えられています。 

 

 

今年一年、少しでも「与える人」になれるよう 

ぜひ、心がけていきましょう。