仏教経営学Academy

Category: 売上が上がらない

営業成績がなかなかあがらない理由

『優れた人格思想』を学び、1世紀を超えて愛され繁栄し続ける
『賢者ビジネス』を作りたい人の為の
仏教経営学Acamdemyの飯田隆史です。

 

あるアメリカの鉄道会社の社長が、

現場の視察に出かけた時の話です。 

 

線路の修繕の現場で一人の作業員が近づいてきました。 

見ると約10年前、鉄道作業員として

いっしょに働いていた友人でした。 

 

その友人は、今も作業員をしているようで

こんな話をしてきました。

 

「君は随分出世したね。

 君が社長になった時は驚いたよ。
 
 10年前は、おたがい50ドルの日給をもらうために
働いてたのにね。」 

 

すると社長はこう答えました。 

 

「そうだったのか。君は50ドルをもらうために働いてたのか。 

 私は、10年前も今も、この鉄道会社のために、 

 そして、世の中の人たちに快適な移動や旅をしてもらうために 働いてるんだ。」 

 

50ドルをもらおうと思って働いてた友人は、 

「もらおう」という意識で働いていたのですね。

 

そこに与える気持ちはなかったのです。 

 

 

そして、社長になったこの人は、
 
同じ作業員の仕事をしていた時も、鉄道会社のために、 

世の中のために「与えよう」と思って働いていたのです。 

 

この思いの差が大きな結果を生み出すのですね

同じ仕事をするときも、その仕事を通じて、

 

自分は 「誰に何を与えたいのか?」

「誰に、どのように喜んでもらいたいのか?」

に意識を向けてみ
ましょう。 

 

その仕事の楽しさが増すだけでなく、結果が違ってきます。 

 

c8a0b6197adc384352cb489d002ce144eaa36883_l

 

 

 

以前、私がいた営業の会社でトップセールスだった方に

こんな話を聞いたことがあります。

 

その人は、今でこそトップセールスマンとして活躍していますが

かつては新規のお客さんにアポを取って会いに行くのも苦手で

行動量も少なかったそうです。 

 

その当時は

 

お客さんに信頼してもらえるだろうか?

話を聞いてもらえるだろうか?

商品に興味を持ってもらえるだろうか?

 

と『もらうこと』ばかり考えていたそうです。

 

 

それが先輩のアドバイスから

「自分はお客さんに何を与えることができるんだろう?」 

と考えを変えてみたそうです。

 


「お客さんに信頼してもらえなかったとしても、 

 お役に立つ情報を提供できないだろうか?」 

「話を聞いてもらえなかったら、

 せめて、お役に立つ資料を渡したいな。」 

「商品に興味を持ってもらえない時は、 

 どんな形でお客さんを喜ばせることができるだろうか?」 

 

これらを考えているうちに、アポ取りを躊躇する気持ちがなくなり、 

楽しく営業できるようになったそうです。 

 

やがて、営業成績も右肩上がりで上がっていきました。

「やってもらう」ことばかり求めている人には 

幸せはこないのですね。

 

まず相手に与えることを考える。

「利他(りた)の心」で生活することで

周囲も自分もしあわせになれるのですね。

 

 

儲かる人と儲からない人のたった一つの違い

『優れた人格思想』を学び、1世紀を超えて愛され繁栄し続ける
『賢者ビジネス』を作りたい人の為の
仏教経営学Acamdemyの飯田隆史です。

 

 

どうすれば儲かるんですか?

 

 

多くの人が知りたいことではないでしょうか。

 

 

儲かる秘訣を教えられた、こんな話がインドに

伝えられています。

 

 

ある国の王様が秘密の地下室を作らせました。

 

ところが地下室が完成すると、

王様は口封じとして、

地下室造成に関わった家臣を殺そうとしました。

 

そこである一人の家臣が、

絶対に地下室があることを漏らさないから

命だけは助けてほしいと王様に懇願しました。


その家臣の言葉を信じた王様は、殺すのを止め、

絶対に秘密を守ることを約束しました。

 

しかし、誰も知らないことを

自分だけが知っていると話したくなるもので、

初めは固く約束を守っていた家臣でしたが

時が経つにつれ、言いたくて仕方なくなってきました。

 

 

そこで家臣は、

誰もいない山奥深く出掛けていき、

洞窟に向かって大声で叫んだ。

 


「俺は王の秘密の地下室を知っている!」


しばらくすると、

その洞窟の中から、大きな木が生えてきました。

 

王様は、その木を使って地下室で休むためのベッドを作らせました。

 


ある夜、王様がそのベッドで休んでいると、声が聞こえてきたのです。


「俺は王の秘密の地下室を知っている!」


よく聞いてみると、

あの家臣の声ではありませんか。。

 


激怒した王様は、すぐにその家臣を殺してしまいました。

・・

 

 

お釈迦様は、六度万行(6つの善い行い)の一つに

持戒(約束を守ること)の大切さを教えておられます。

 

約束を守るのは大変なことですが、

守ってこそ信用が得られるのですね。

 

「儲け」という字は、

「信用ある者へ」と書きます。

 

信用のある人間になれるよう努力したいですね。

大成功したければ、経営を学んではいけない

『優れた人格思想』を学び、1世紀を超えて愛され繁栄し続ける
『賢者ビジネス』を作りたい人の為の
仏教経営学Acamdemyの森川卓典です。

 

この資本主義社会で成功する上で
必要不可欠とされているスキルの一つに
「経営」のスキルが挙げられるでしょう。

 

経営についての資格で有名なものとしては
MBAなどがあげられるでしょう。

 


そして、MBAの資格を有する人は
他社よりも優遇され、成功に近づくように思われています。

 


そもそも、MBAで一体、何が学べて
何を身につけることができるのでしょうか?

 

 

まず、MBAは資本主義社会のルールを教えてくれます。

 


企業であろうが、病院であろうが、お寺であろうが、
この社会の中に存在する限り、法律やルールから
逃れてやってはいけません。

 


たとえ病院やお寺であっても、経済的成功が
目的ではないにせよ資本主義の中で維持発展して
いかなければならないので、そのための方法論を
徹底的に学ぶわけです。

 


その結果、そこでしっかり学んだ人が活躍する組織は、
「現在の社会の枠組みの中で」元気になります。

 

Fotolia_27597590_Subscription_Monthly_M

 

一見すると、理にかなっており
MBAの資格は現代社会において
優遇されるものと思われます。

 

しかし、どうでしょう。


ここに、思わぬ『落し穴』があるのです。

 

たとえば、もともと

「世界から貧困を無くしたい」

という志を持って、ビジネススクールに
来た人はどうでしょうか?


戦略やマーケティングやファイナンスを学び、
NPOを立ち上げて、世界から貧困を無くすために
頑張るかもしれません。


ですが、もしもその貧困が資本主義社会の枠組みの
いびつさそのものに端を発しているとしたら?


そもそもNPOというあり方自体が、
既存の経済社会の枠組みにおいて
存在を許された組織形態ですから、


既存の枠組みそのものを
揺さぶるような力を持つことは難しいでしょう。

 

図らずも「優しい顔をした資本主義」
のイメージ作りに貢献してしまう恐れもあります。

 

極端な話、世の中を変えたいと思っていた人が、
気がつけば、世の中の体制を守る人になってしまうのです。

 

また、MBAには仕事能力の高い人が集まります。


志があろうとなかろうと、仕事の面で
ハイスペックな人材が多いことは確かです。

 

そういう人たちが「この世界での成功のルール」を
叩き込まれ、目の前に「この世界で成功とされているキャリアパス」
を用意されると、


たとえ、もともとお金には代えられない大きな志が
あったとしても、心が揺れ動くのが人間というものでしょう。


資本を持っている側にしてみれば、
敵に回すとやっかいな相手が、
それくらいで自分の飼い犬に
なってくれるなら安いものでしょう。

 

資本主義のカラクリとも言えるでしょう。

 

過度の期待は禁物です。

 

ビジネススクールに行って、一流企業のCEOに
なれたとしても、ガンジーにはなれません。


それでもなお、大きな願いを胸に
MBAに挑戦される方は、道元禅師の

「財多ければ必ずその志を失ふ」

という言葉を座右の銘として、
取り組まれてはいかがでしょう。


カネで動かない人間こそが、志を貫徹し
新たな道を成就するのでしょう。

仏教流! プレッシャーとどう戦うか?

あなたはプレッシャーに強い方でしょうか?

 

 

 

それとも、プレッシャーに押しつぶされそうになってしまいがちでしょうか?

 

 

 

 

 

大事な決定事項がなされる会議や

 

自分のプレゼンの良し悪しで大きな契約が動くような場など

 

 

 

様々な場面で大きなプレッシャーを感じることがあります。

 

 

 

 

 

そして、中にはプレッシャーに耐えられずに、頭の中が真っ白と担ったり

 

体調を崩してしまったり、心を病んでしまう人もあるぐらいです。

 

 

 

 

とかく現代は、様々な場面でプレッシャーを感じる機会が多くなったいるため

 

多くの人が、プレッシャーに強い人間でありたいと考えているでしょう。

 

 

 

 

 

では、 プレッシャーに強い人間になるにはどうすればいいのか?

 

 

 

 

 

ここで大事な仏教の考え方があります。

 

 

 

それは、

 

結果にとらわれない

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

因果の道理を説く仏教では、成功も失敗も

 

あらゆる結果は原因があって起こるものと考えます。

 

 

 

ある一つの結果には、それ相応の原因が必ず存在します。

 

 

 

 

原因が結果を引き起こし、その結果がまた次の原因となって、次の結果をもたらします。

 

 

 

 

 

ここで大事なポイントが、

 

仏教では結果に色をつけて見ない

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結果が成功であったか失敗であったかというのは、人間の価値判断にすぎません。

 

 

 

実際にそこにあるのは、結果として厳然とある事実そのものでしかないのです。

 

 

 

 

 

ビジネスにおいて、予想以上に儲かったら成功を喜び、

 

思いどおりの成果が出なかったら失敗を悲しんでも、

 

結果そのものは変わりません。

 

 

 

 

結果を結果として受け止め、その結果が次へのよき因として働くように、

 

自分にできる行動をするのみです。

 

 

 

 

 

 

このように、他人から成功と言われようと失敗と言われようと、

 

実際には、目の前にそのままの事実が唯一あるだけです。

 

くよくよしても仕方がありません。

 

 

 

 

 

 

「前後際断」

 

 

 

という禅語があります。

 

 

 

 

 

過去を悔やむことなく、未来を案ずることなく、

 

今、なすべきことに全力を尽くすべし、という意味です。

 

 

 

 

 

自分に今できることは、現在の事実を起点として、

 

これからよりよい行動を重ねることに集中することだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今の行動に集中するためには、過去の成功や失敗を引きずらないことが大切です。

 

 

もちろん、原因の分析は言うまでもなく大切ですが、気持ちの面では引きずらないこと。

 

 

思い切って、過去の成功も失敗も捨ててしまうことが、次に進むためには何よりも重要なことです。

Copyright © 2019 仏教経営学Academy

Theme by Anders NorenUp ↑